サイトマップ

製品詳細

エムピーファクトリー
MP-Factory
MPEGソフトウェア開発キット
製品詳細 お問い合わせ
基本情報 | 仕様・スペック
MP-Factory

MP-Factory 5.5は、MPEG-2、H.264/MPEG-4 AVCとAACに対応した圧縮・伸張、高速フレーム精度編集(高速カット点検出)、RTP伝送、自動画質評価などの豊富な機能をソフトウェアで実現する開発キット(SDK)です。
従来のMP-Factoryと比較し、H.264/MPEG-4 AVC 圧縮処理の画質および処理速度が大幅に向上しました。
また、H.264/MPEG-4 AVC High Profile(ハイプロファイル)に対応しており、より幅広いアプリケーション開発でご利用いただけます。
その他、字幕作成にも対応しており、自主放送やデジタルサイネージ向けの字幕やデータ放送と連携した高品質なコンテンツ制作が可能です。


MP-Factoryは株式会社KDDI総合研究所の製品です。
http://www.kddi-research.jp/products/mp_factory.html

特徴

  • ワンセグから次世代DVD(Blu-ray Disc)までをカバーする幅広いH.264プロファイルに対応
  • ※「ワンセグエンコーダ」や「H.264/AVC QualityStation」のエンコードエンジンとして搭載されています
  • H.264/MPEG-4 AVC の高画質エンコードを実現する独自のエンジンを搭載
  • FC 規格に準拠した、H.264/MPEG-4 AVC、および AAC のRTP伝送に対応
  • 独自アルゴリズムによる主観画質 (MOS:Mean Opinion Score) の推定や異常フレームの検出
  • NVIDIA社の CUDA 技術に対応

機能

高品質なエンコードエンジン

KDDI総合研究所が開発した独自アルゴリズムによる適応的な画質制御により、モバイル向けからHD映像まで、最適な符号化処理を実現します。また、ユーザによるきめ細かなエンコードパラメータの設定や、ワンセグやアクトビラなどの各サービス規格向けの簡単設定が可能です。
さらに NVIDIA社のCUDA技術を用いたエンコード処理に対応し、対応ビデオカードを導入することでより高速なエンコード処理が可能になりました。


多彩な機能とAPI群

エンコードやデコードはもちろん、コンテンツの再利用性を高める高速フレーム精度編集機能、RTPによるネットワーク送受信機能、独自の自動画質評価機能など、多彩な機能とこれらの機能を柔軟に制御するための多彩なAPI群を提供します。

※ 機能には一部制限があります。


様々なアプリケーション開発に対応

Windows OS、Linuxに対応する多彩な機能を柔軟に制御するためのC++の共通インターフェース(Primitive SDK)の他、Windows OS においてリアルタイムアプリケーションの開発を容易にするDirectShowやActiveX形式でのライブラリ(DirectShow/ActiveX SDK)を提供します。

製品・システム・技術に関するお問い合わせ
  • 製品・サービスを探す
  • 製品種別で探す
  • メーカーで探す
  • サポート