サイトマップ

製品詳細

ティーアールエス 200
TRS-200
Proxyトランスコーダー マルチフォーマット/64bit
製品詳細 お問い合わせ
基本情報|仕様・スペック
Proxyトランスコーダー マルチフォーマット/64bit

TRS-200は4K/HDに対応したプロキシトランスコーダーです。字幕情報付MXFファイルを読み込むことで字幕付きプロキシファイルを作成することが出来ます。

特長

ワークフローの自動化
  • ウォッチフォルダ機能による自動変換。
  • ウォッチフォルダ設定を使い「MXF字幕ラッパー(ICCW-100)」の変換出力からプロキシ映像ファイルを自動作成する運用が可能。
トランスコード処理の最適化
  • 収録中MXFファイルの追いかけトランスコードが可能。
  • 指定範囲を変換する部分トランスコードが可能。
字幕校正に最適
  • タイムコード、字幕ページの通し番号を焼き込んだプロキシを利用し校正作業を支援。
システムへ組み込み
  • コンソールアプリケーションとしても動作し、システムへの組み込みが可能。
従来製品(TRS-55)から「約6倍」の高速変換を実現
  • MXF字幕トランスコーダTRS-55とその後継製品TRS-200(64bit版マルチフォーマット対応)でプロキシファイルへ(MP4:940x540字幕あり)の変換時間を比較。
変換スピード比較 ※変換マシンのスペック:Core i9-9980XE Skylake ベース動作周波数/3GHz、コア数18/スレッド数36、XDCAM422の720秒素材をSSDから変換

機能

主な機能
  • MXFファイル(XDCAM HD、XAVC Intra/Long)からH.264/MP4形式のプロキシファイルを作成可能。
  • 字幕焼き込みが可能。外字(DRCS)に対応。(ON/OFF指定)。
  • 音声チャンネルのマッピング、5.1chダウンミックスが可能。
  • タスクファイルの指定によりHDR→SDR変換が可能。
  • 任意のロゴ画像の焼き込みや、指定フレームの静止画を出力可能。(ON/OFF指定)
  • タイムコード・字幕ページの通し番号焼き込み機能(ON/OFF指定)
変換処理
  • 個別ファイル変換
  • ウォッチフォルダ機能(ON/OFF指定)

■設定画面

設定画面

■運用イメージ

TRS-200 運用イメージ

関連製品/シリーズ

プロキシ・プレイヤー IMP-100
地上デジタル・アナログ用字幕放送画面制作システム NeON-IX
スーパーハイビジョン放送用字幕データ制作システム NeON-SHV
MXF字幕ラッパー ICCW-100
MXF字幕アンラッパー ICCU-100
MXF字幕プレイヤー IMP-210



製品・システム・技術に関するお問い合わせ
  • 製品・サービスを探す
  • 製品種別で探す
  • サポート